a1020_000054

人生という道を歩んでいると いくつもの様々な壁にぶち当たります

その壁に対する選択肢は二つだけ

ひとつは

必死に乗り越える 失敗しても何度も何度も挑戦する

壁に跳ね返されても跳ね返されてもあきらめない強い心を持つ

もうひとつは  あきらめる 壁の存在を無視する

ちがう道を模索していく  です

じつは あきらめてしまい 違う道を選択したとしても 壁は消えていないんですね

乗り越えられなかった壁は万里の長城のように 横に長いんです

仕事上の壁 親子の壁 夫婦の壁 趣味の中での壁

それぞれ違うと感じていた壁は よく見ると同じ壁なんです

あきらめてしまうと それより先には 今生では進むことができなくなります

すぐあきらめてしまう人は なんでもあきらめてしまいます

まぁ 人それぞれの人生ですから それはそれでも良いでしょう

ただし 私たちは学ぶために この3次元に来たのですから魂の目的は果たされませんね

では なんとしても壁を乗り越えようと決意したとします

よく言われる方法は コツコツとコツコツと壁を叩いていく

すると 壁は崩れていく あきらめないで叩き続けること

確かにそうです

それでも なかなか 崩れない壁ってありますよね

何度もあきらめてはまた挑戦する それでも崩れない壁

この壁には乗り越え方があったんです

コツコツ叩くというイメージは壁を自分から見て向こう側に押し倒すイメージだと思います

そして崩れた壁を乗り越えて新しいステージに向かって前進していく じゃないですか?

もうひとつの乗り越え方は  全て受け入れる  です

壁を押すのではなく 自分の方に引っ張るのです

すると壁の向こう側にあるモノが貴方に向かって雪崩のように襲ってきます

怖くなりまた壁を押して 元に戻していては この壁は崩せません

いいですか、全てを受け入れるんです

なんだかんだと言って 人のせいにしてきたこと モノのせいにしてきたこと 時間のせいにしてきたこと

環境のせいにしてきたこと お金のせいにしてきたこと・・・・・

そうです この壁の向こう側にあるものは 貴方が見たくない現実がギッシリ詰まっているんです

さぁ 覚悟はできましたか?

それでは もう一度 壁を自分に向かって引っ張りましょう

すごい勢いで自責の念が貴方に襲い掛かります

耐えましょう 受け入れましょう もう少しです あきらめないで 全てを受け入れましょう

理不尽だと思うことも全て 受け入れましょう・・・・・・

 

壁は乗り越えるだけではなく 引き倒すことも必要なんです。

壁を乗り越えていこう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × 2 =